artwtop.comアーツトップ

Présent : artwtopArtUniversitéAir

武蔵野美術大学 卒業制作

印象派の空氣
L'air impressionnisme

物の形や人物像等を明確に表現するよりも、それらを包む光や空感等、一瞬の印象を捉えて再現するように表現する印象派絵画。私は、その印象派絵画から、回転混色(けいじ加法混色)という方法で、空氣感というものだけを採りだせるのではないかと考えた。

印象派の空氣

この作品はピクセルの (2・4・8・16・24・32・64・128・256で、特に8と32)を中心に、8 回行われた印象派展に参加した 832 枚の絵画から採り出した 8 色を、独楽コマ に変換し回転させることで 空氣感を表現しようと試みた作品です。

このページは、デザインの関係で 英語を仏語表記にしています。

8人32枚の絵画を 8色に限定

私は、まず全8回行われた印象派展に関わった人物の中から、代表的と言うことができる8人を選定し、その画家から4枚、合計32枚の絵画を選びました。
そして、その32枚の絵画をそれぞれ8色に限定しました。

左側の画像が元画像で、右側の画像が8色に限定した画像です。

左側の画像が元画像で、右側の画像が8色に限定した画像です。

8色に限定する方法は、32枚すべて同じ変換方法で統一して変換しました。

まず、Adobe Photoshopを使用し、① 絵画の縦横の幅で狭い方を1000pixelとし、PNGで保存します。この画像が 展示に使用した元画像となります。
次に、② 混色効果を上げるため、また、そのまま8色に変換すると 元の絵画の色彩から遠くなってしまうため、絵画の彩度を32上げます。
③ ディザなし の 割り付け で、8色のGIFに変換します。この画像が 展示に使用した8色画像となります。

(画像は、サイトで公開するために 解像度を変更しています)

限定した8色を 色相順にする

続いて Adobe Photoshopを使用し、8色に限定した色を カラーピッカー の HSB の H値(色相の値で、英語で Hue、フランス語で Teinte という)の順に 8色を並び替えました。

H(色相)
23°
30°
175°
222°
228°
237°
250°

色相順にした8色を 円グラフに変換する

次は、Adobe Photoshopで表示される それぞれの色のヒストグラム面積比率数の大きさをもとに、Microsoft Excelを使用して 8色の色を円グラフに置き換えます。

8色に限定した画像と 全体のヒストグラム面積比率数(Histogramme pixel)

8色に限定した画像
◆ 319500

8色を1色に分色した画像 8枚と、1色あたりのヒストグラム面積比率数

8色を1色に分色した画像 H 1°
1° ◆ 24699

8色を1色に分色した画像 H 23°
23° ◆ 29753

8色を1色に分色した画像 H 30°
30° ◆ 26052

8色を1色に分色した画像 H 175°
175° ◆ 7697

8色を1色に分色した画像 H 222°
222° ◆ 43751

8色を1色に分色した画像 H 228°
228° ◆ 44844

8色を1色に分色した画像 H 237°
237° ◆ 83721

8色を1色に分色した画像 H 250°
250° ◆ 100054

8色のヒストグラム面積比率数から出来た 円グラフ

24699
29753
26052
7697
43751
44844
83721
100054
印象、日の出 円グラフ

円グラフの起点は PCCS色相環の起点にならい、アナログ時計で示す 45分の位置からスタートしています。

32作品の印象派絵画に、同様の変換を行います。

円グラフを回転混色体に変換

円グラフを、立体の造形物である 回転混色体に変換します。

私は、この卒業制作の研究をしていく過程で 木のおもちゃ というものに出会い、その奥深さに感動しました。そして、今回の卒業制作は 木のおもちゃのような作品にしようと決めました。

とは 言うものの、今、私が専攻しているのは、デザイン情報学科のコミュニケーションデザインという 商業デザインであり、木工を扱う工業デザインではありません。そのため、工具を買うことから始めなければなりません。

ボール盤での制作過程

シェア工房というものを たずねたりもしましたが、工業の学校を出ていないと、ほとんどの工具を使用させてもらえないとのこと。結局、ボール盤等をホームセンターで買ってきての 自宅での制作作業となりました。

256色1024面の筆塗装

アートブロックに木工用パテを塗り、サンディング加工して表面を滑からにしてから 筆で塗装し、ニス加工をしました。
半球一つにつき8色で、半球面と平面が有るため16面。64個の半球で、合計256色の色を採取し 1024の面を塗装しました。何度も塗り直したため、塗装の作業だけでも 相当な作業量でした。

回転混色体 完成

木材にボール盤で穴を開け 紐を通す等の加工をして 一つ一つ丁寧に制作し、そして、回転混色体が出来上がりました。

仕事の休日は 卒業制作一色で、多彩な塗装作業となりました。

32個の円グラフ

32個、256色の円グラフは、

32個の立体円グラフ

32個の立体円グラフとなり、

32個の回転混色体

32個の回転混色体となりました。

立体円グラフ

立体円グラフ。その円グラフを見ているだけでも、円グラフの元になった絵画を 感じることが出来ます。

回転混色体

立体円グラフの上に 回転混色体を乗せたところ。半球が かさなることで、球体になりました。

回転

そして 回転混色体を回すことにより、色彩が 人の脳の中で混色されます。

アップ 01
アップ 02
アップ 03
アップ 04
アップ 05

回転混色体の回し方

回転混色体は、手にとって自由に回すことが出来ます。

リングを持ち、もう一方の手で巻きついているヒモをつまみます。

リングを持ち、もう一方の手で巻きついているヒモをつまみます。

ヒモをつまんでいる手で、ヒモを引っ張ります。

ヒモをつまんでいる手で、ヒモを引っ張ります。

ヒモを伸ばしきる前に、つまんでいるヒモを放します。

ヒモを伸ばしきる前に、つまんでいるヒモを放します。

色々な角度から回転混色を楽しむことが出来ます。

色々な角度から回転混色を楽しむことが出来ます。

台座パネルと回転台

台座パネル 絵画面

それぞれの回転混色体には、それぞれ台座パネルを制作しました。

ヒストグラフ

円グラフの周りに表記している数は、内側が色相の角度数で 外側がヒストグラム面積比率数となっています。

ヒストグラムの円グラフなので、ヒストグラフと名付けました。

台座パネル 表題面

台座パネルには、絵画面と表題面が有ります。

表題面 レイアウト

表題面には、作品のタイトルと色やサイズ等を表記しています。

左上
印象派絵画の日本語表題
印象派絵画のフランス語(英語のものも有る)表題
絵画作成年(第○回 印象派絵画展 出展作品)

左下
印象派画家の日本語表記
印象派画家のフランス語表記
出生年・出生場所(各印象派画家の展示は生年月日の順)

中央
#(Web セーフカラー数)
Teinte(色相数)
Histogramme pixel(色の面積比率数)

右上
Originale(印象派絵画の面積 横 mm × 縦 mm)

右下
印象派絵画のピクセル面積 横 pixel × 縦 pixel
全体のヒストグラム面積数

回転台

展示スペースの中心には、回転混色体をコマのように回すことが出来る 8 角形の回転台を制作して配置しました。

作品 配置図

制作した作品は、図のように 約 6400 mm × 6400 mm という展示スペースに配置します。

説明パネル

デザイン情報学科の卒業制作では、本作品のほかに説明パネルというものを制作することになっているため、この回転混色体の説明パネルに相当する展示物を制作しました。

説明パネル タイトル

画像は、説明パネル内の タイトルの部分で、 いキャンバスに 筆で画いています。これは、黒いキャンバスが主流だった 陰影的な 古典絵画の時代から、色彩的な 印象派の時代へ移り変わることにより、白いキャンバスが主流になっていったことを表しています。キャンバスのサイズは F 8 です。

印象派の空氣、氣の の部分のデザインは、ヒストグラフや回転混色体の形と、全体の展示配列の形からも来ています。

通常、武蔵野美術大学 卒業制作の説明パネルは、B全版を使用することになっていると 担当の先生から伝えられていたのですが、B全版にすると 必然的に外注に頼むことになるため、なんとか外注に頼まずに制作できないものかとアイディアを絞りました。

説明パネル コンセプト

説明パネル内のコンセプト部分は、3200 mm × 3200 mm × 3200 mm の立方体のパネルの中に 32 ポイントのフォントで説明し、立方体を45° 回転 させた菱形で い壁(段ボールパネル)に貼り付ける形に制作しました。行数は 7 行となっていますが、空間の部分が 8 行となっています。この説明パネルは、空氣という空間を表現した展示パネルで、ピクセルという正方形の形を 空間という立方体に起こして表現した展示パネルです。

説明パネル 解説 絵画面

解説
私は、それぞれの印象派絵画を、Adobe Photoshopを使用し、8 色に変換した。その画像から、自動選択ツールを使用し、8 色のヒストグラムピクセル面積の 値から 8 つの を出した。左側の画像が印象派絵画の元画像で、右側の画像が 8 色に変換された画像だ。
次に、その 8 つの をHSBのHの値(Hue 日本語では色相、フランス語ではTeinteという)の順に並び替え、Microsoft Excelを使用し、8 つの を円グラフに置き換えた。さらに、その円グラフを立体の回転混色体に変換し、この作品が出来上がった。

展示は 全体的なコンセプトカラーある で統一、白は 変化 を意味する色で、この作品が、イメージ編集の 8 つのテーマ(比較・反復・反転・転置・拡大縮小・演出・省略と純化・変換)の中から、8 つめの 変換という手法をとった作品であることを意味付けています。

色彩の比較

この作品は、武蔵野美術大学 イメージ編集 Ⅱ 通信課題で好評だった 色彩の比較 という回転混色作品が元になっています。

説明パネル 解説 表題面

説明パネル内の解説部分は、32 個用意した立体パネル(フランス語表記のもの)を日本語に訳して解説、立体のパネルのサイズは 240 mm × 240 mm です。

展示パネルのフォントは、フランス語表記には Adobe Garamond Pro Bold を、日本語表記には 小塚明朝 Pro B を使用しました。これは、印象派絵画の発祥がフランスであることからフランス発祥の Garamondを使用し、当時の印象派画家が日本画に影響を受けていたことから明朝体を選定しています。(明朝体の起源は中国なのですが、明朝体という名前自体は日本で名付けられたもので、日本で明朝体がポピュラーな書体であることは 言うまでも有りません)そして、この作品を制作する過程で、Adobeのソフトを多く使用していることと、Adobe Garamondと小塚明朝との視覚的な相性の良さから、この2つのフォントを使用することに決定いたしました。

独楽コマは、中国から 仏教とともに日本へ伝わりました。

この作品は、画像をピクセルに変換して独楽の形にし けいじ加法混色した作品で、 を中心にした作品です。数という文字には という文字が含まれており、その という文字が、この作品のキーポイントになっています。印象派の空というタイトル、時加法混色、32個の独楽に塗装された円グラフの形、全体的な展示スペースの机の並び方(約 6400 mm × 6400 mm)の形が の形をしていること、そして、白いコンセプトカラー(白の色)が それを表しています。

そして、32個の 8色に限定した色を 引き独楽 という形で 時加法混色 することで、印象派絵画 や 当時の印象派画家たちの人間関係(空感)を表現することを試みた作品です。

説明パネル 配置図

制作した説明パネルは、図のように配置します。

32の台座パネルと立体説明パネルに使用している3mm厚のスチレンボード、8角形の回転台に使用している2mm厚のボール紙、机の上に敷いている1mm厚の塩化ビニール17枚は、全て仕事上の廃材を利用しました。

カミーユ・ピサロ

Camille Pissarro(Jacob - Abraham - Camille Pissarro)
アメリカ ヴァージン諸島 セント・トーマス島 生
1830 年 7 月 10 日 - 1903 年 11 月 13 日

白い霜

14335
21921
53329
45820
80918
51811
76184
83689
白い霜 円グラフ

白い霜

La Gelée blanche
1873年 第 1 回 印象派展 出展作品

白い霜 独楽

白い霜 独楽

白い霜 を含む 合計 4 作品の独楽を制作

エドガー・ドガ

Edgar Degas(Hilaire Germain Edgar de Gas)
フランス パリ 生
1834 年 7 月 19 日 - 1917 年 9 月 27 日

アイロンをかける女たち

29238
32180
34237
22952
59238
42906
44174
41588
アイロンをかける女たち 円グラフ

アイロンをかける女たち

Les repasseuses
1884 年 - 1886 年頃 第 8 回 印象派展 出展作品

アイロンをかける女たち 独楽

アイロンをかける女たち 独楽

アイロンをかける女たち を含む 合計 4 作品の独楽を制作

アルフレッド・シスレー

Alfred Sisley
フランス パリ 生(イギリス人)
1839 年 10 月 30 日 - 1899 年 1 月 29 日

埠頭岸の砂、ポート・マルリー

20927
40497
30398
47346
51142
27035
87094
22361
埠頭岸の砂、ポート・マルリー 円グラフ

埠頭岸の砂、ポート・マルリー

Le Quai à sable, Port - Marly
1875 年 第 3 回 印象派展 出展作品

埠頭岸の砂、ポート・マルリー 独楽

埠頭岸の砂、ポート・マルリー 独楽

埠頭岸の砂、ポート・マルリー を含む 合計 4 作品の独楽を制作

クロード・モネ

Claude Monet(Oscar - Claude Monet)
フランス パリ 生
1840 年 11 月 14 日 - 1926 年 12 月 5 日

印象、日の出

24699
29753
26052
7697
43751
44844
83721
100054
印象、日の出 円グラフ

印象、日の出

Impression, soleil levant
1872 年 第 1 回 印象派展 出展作品

印象、日の出 独楽

印象、日の出 独楽

印象、日の出 を含む 合計 4 作品の独楽を制作

ベルト・モリゾ

Berthe Morisot
フランス ブールジュ 生
1841 年 1 月 14 日 - 1895 年 3 月 2 日

ゆりかご

16411
64808
73119
50354
49683
25314
40038
28800
ゆりかご 円グラフ

ゆりかご

Le berceau
1872 年 第 1 回 印象派展 出展作品

ゆりかご 独楽

ゆりかご 独楽

ゆりかご を含む 合計 4 作品の独楽を制作

ピエール オーギュスト・ルノアール

Pierre - Augustê Renoir
フランス リモージュ 生
1841 年 2 月 25 日 - 1919 年 12 月 3 日

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場

120658
68563
40006
27196
48989
17810
28864
25583
ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場 円グラフ

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場

Bal du Moulin - de - la - Galette
1876 年 第 3 回 印象派展 出展作品

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場 独楽

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場 独楽

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場 を含む 合計 4 作品の独楽を制作

メアリー・カサット

Mary Cassatt(Mary Stevenson Cassatt)
アメリカ ペンシルベニア 生
1844 年 5 月 22 日 - 1926 年 6 月 14 日

眠たがる子どもを洗う母

35334
55072
61980
77179
84707
38945
38382
40069
眠たがる子どもを洗う母 円グラフ

眠たがる子どもを洗う母

Mère A propos de laver son enfant Sleepy
1880 年 第 6 回 印象派展 出展作品

眠たがる子どもを洗う母 独楽

眠たがる子どもを洗う母 独楽

眠たがる子どもを洗う母 を含む 合計 4 作品の独楽を制作

ギュスターヴ・カイユボット

Gustave Caillebotte
フランス パリ 生
1848 年 8 月 19 日 - 1894 年 2 月 21 日

屋根の上の雪、パリ

51433
16489
52276
34683
47238
54055
37690
62916
屋根の上の雪、パリ 円グラフ

屋根の上の雪、パリ

Toits sous la Neige
1878 年 第 4 回 印象派展 出展作品

屋根の上の雪、パリ 独楽

屋根の上の雪、パリ 独楽

屋根の上の雪、パリ を含む 合計 4 作品の独楽を制作

作品の展示

武蔵野美術大学 鷹の台キャンパスで作品を展示しました。

展示の様子。コンセプトカラーの白で統一し、全体的に明るく、展示ブースの中央に立つと それぞれの作品が正面から見える形に展示しました。

展示 全体

それぞれの机(600mm×900mm)には、同サイズの塩化ビニールシートを敷いています。この塩化ビニールを含む 展示作品やパネル等を 電車で持ってくるというのも、結構な作業でした。

展示 回転台

展示スペースの中心に配置された、白いボール紙で制作した 回転台。私は、仕事の都合で 日曜日のみの展示の参加となりましたが、多くの人が ここで回転混色体を回していたそうです。

展示 説明パネル

立体的に配置された説明パネル。説明では多くを語らず、知恵の輪のような謎解き要素の有る展示にしました。素朴でシンプルな展示の中には、大きな意味が秘められていました。

その大きな意味とは、独楽は 早く回れば回るほど安定することから座禅に例えられ、そこに くう が存在する(正しくは、空だから存在しない)ということです。そして、空とは、実態が存在せず 変化 していくことを意味しています。独楽が回転することにより、印象派絵画の色彩が 空 に変化することで 空氣 となることを意味していたのです。

私は、武蔵野美術大学の課題では、一つの表現に固執することなく その課題ごとに適すると思われる表現を多彩に変えていたため、オンリーワンというものが無いと思われていたのか、あなたは何がやりたいの? という意見も頂いていました。

しかし、思い起こせば、この卒業制作は 私にとっての武蔵野美術大学の集大成だったのかもしれません。造形基礎 Ⅲ 通信課題 や グラフィックデザイン基礎 Ⅰ 通信課題 1 の色採取。デッサン Ⅱ 通信課題 1 のクロッキー課題をしているときに、通りがかりの人が、絵画は 空気感 が大切だと教えてくれたこと。卒業制作のもとになった イメージ編集 Ⅱ 通信課題 2 の 色彩の比較。イメージ編集 Ⅱ 面接課題 2 の 動画・振り子 の回転運動。コミュニケーション研究 Ⅱ で取材した方が 定期的に行っている お寺での展覧会で、独楽が回ることが座禅に例えられ、そこに空と無が存在する とのヒントを頂いたこと。思えば、様々なことが繋がっていたことに気付きます。

くう という言葉が 物事の本質とすれば、何かに固執する必要なんて無いことは、言うまでも無いのかもしれません。

私は、この卒業制作では、あえて基礎的で素朴なことに取り組もうと思い 制作を始めました。斬新な作品を制作しようとする傾向にある デザイン情報学科の中で、あえて斬新ではないものに向き合うという行為が 斬新なのだという視点で、たいせつなものは ありふれた毎日の中に有る と心に思いながら、素朴なことに誠意をもって向き合いました。

この卒業制作で、独楽というメディアを使って 空 という壮大なテーマに取り組むことが出来たのは 今まで関わった 皆様のおかげだと思っています。ありがとうございました。

ありがとうございました。
Université